入居者インタビュー4(Happy house 神楽坂)

インタビュー: 新潟出身のMさん

Mさんは今ハッピーハウス神楽坂に住んでいます

ハッピーハウス神楽坂のダイニング

 

シェアハウスに住もうと思った理由は何ですか?

 大学を卒業し就職してしばらくは一人暮らしをしていましたが、だんだんと寂しさが募ってしまい、シェアハウスに住もうといろいろWebサイトを見て探していました。

3年ほど前、ハッピーハウスASIANと、もうひとつ他社のシェアハウスを見学しました。条件など検討して、結局その時は他社のシェアハウスへ入居しました。

 2年ほど住んで、もうそろそろ移動しようかなと思ってチューリップ不動産のWebサイトを見たら、ちょうどこのシェアハウスで空室予定の部屋があったので見学して入居を決めました。

 

お住まいのシェアハウスの好きなところは? 

やっぱり立地がかなりいいです!移動するのにどこへでもちょうどよい距離。

ハウス内はムダなものがなく、まとまってる感があってとても好きです。

個室は、以前住んでいたシェアハウスの部屋よりも小さいですが、荷物を少なくしようと思っているので、私にはちょうどいいです。

思いがけず三味線を演奏いただきました!

 

今、住んでいる「神楽坂」について言うと…

一度住んでみたいと思っていたところでした。勤務先には少し離れたところになりますが…。

来た頃は、肩肘はって…みたいなところはあったんですが、1ヶ月も経つといつもどおりになっちゃいましたね。

とにかく過ごしやすいところです。

 

神楽坂には音楽に触れられる場所も多くあります

 

休みの日はどのように過ごしていますか?

 日曜は三味線のお稽古に通っています。

海外へ旅行すると、「私って日本人らしいことって何もないな…」と思うことが多くありました。そんなときに習える機会にめぐりあって…。今度発表会があるんですよ。

(話を伺ったスタッフは、三味線と歌を聴かせてもらいました!素敵でした~。)

その他は、ご飯食べに行ったり、ヨガに行ったり…。あんまりヨガは行けてないですけど…。

やっぱり散歩するのが楽しいですね。江戸川や椿山荘が近くにあって和めるし、一工夫してある雑貨屋さんが多いのもお休みの日の楽しみが増えます。

 

 東京で生活していて面白いと思うことは?

 能動的に動いている人が多くいると思います。とにかくいろんな人がいるので、刺激には困らないです。

  

 共用スペースがあってよかったなと思うことは?

 いや~、もうよかったことだらけですよ~。

一人暮らしだと、仕事の場以外で、(コンビニとかで)「いいえ、袋は要りません」しかしゃべらない日が多々ありました。

利害関係のない人と話せることは、わたしには貴重です。

いろんな職業の人がいて、自分が知らないことが多いんだな、と思います。

Mさんの一番好きなお店

 

シェアハウスに住んでから、自分の中で変わったなと思うことはありますか?

 シェアハウスだと、自分の生活が規則正しく、というのかメリハリがつけられます。

かつて実家で生活していたとき、休日にあまりにもダラダラしていたのが目に余ったのか、父親とケンカしたことがたびたびありました。(穏やかにお話くださってますが、いろいろありますなぁ…)

シェアハウスで自分と「普通の暮らし(1人暮らし)では出会えなかった人」と過ごす、というのも大事なことだと思ってます。

 

 シェアハウスで生活するのに大変なことは?

 夜中と早朝になるべく音を出さないようにする、とか、みんなで使う冷蔵庫や棚にモノを入れすぎないようにする、とか…ですね。小さいことかもしれませんが…。(いや、ものすごく大切です!)

お散歩

 

今後の予定や計画はありますか?

 東京での生活が自分にとって、居心地が良すぎるんですが…。留学とか海外に行ってみたい、というのもあります。荷物を少なくしているのは、このためでもあります。いつでも動けるようにしてます。

今一緒に住んでいるハウスメイトが、もっと長期で海外に行くことを計画していると思うので、その人にいろいろ聞けるのも楽しいです。

 

この記事を読んでシェアハウスにしようかどうか迷っている方に伝えたいことはありますか?

 東京に来て間もない人で、このあたりのことがあまりよく分からなかったら、一緒に街を歩いて案内してあげられます。

シェアハウスを選んだのは、寂しさを紛らわせるためと先ほど言いましたが、「他の人と住む」という経験をしてみたかった、というのも大きな理由です。将来、自分で家族をもつのかもしれませんが、家族をもってから「いや、違うな」というのはできないと思うし…。

 

 

 

入居者インタビュー3(Witt-style神宮)

インタビュー:Kさん

image (1)

原宿がとても好きで、このシェアハウスを長く利用してくださっています。 

ウィットスタイル神宮のダイニング

 

シェアハウスに住もうと思った理由は何ですか? 

原宿と明治神宮が大好きな場所で、どうしてもそこから離れたくないと思っていました。節約して生活できる空間としてシェアハウスがうってつけだと思い、いろいろと探しましたが、しっくりくるところが見つからずにいました。「どうしよう…」と思っていたところ、ここをWebサイトで見つけて、見学させてもらいました。そのときは、まだ完全には完成していないときでした(※Kさんはご見学いただいた1番最初の方です)。

シェアハウスに住むのは3ヶ月程度のつもりでいました(と、聞いたスタッフもびっくり)。

けれど、そのうち夢を叶えるのには、まずはお金を貯めることを考えて…となるとシェアハウスがいいなぁ…と思うようになりました。

  お住まいのシェアハウスの好きなところは?

 リビングがゆったりしていて、居心地がいいです。

キッチンとリビングがカウンターで面していて、居酒屋ごっこ(なんだそれは)ができます。

このシェアハウスはリビングなどの共用スペースの使い勝手や居心地の良さが最高です。住む前にいくつかシェアハウスを見学しここを選びましたが、正解でした!(よかったー!)

 

ウィットスタイル神宮のパーティ写真。たのしそう!

今、住んでいるエリアについて言うと…

大好きな場所原宿・明治神宮に行きやすいし、他よく行くエリアの新宿、六本木、渋谷にもチャリで行ける。言うことなしです。

下北沢にも行きやすいので、午前から昼にかけて用事を済ませて…というのもできます。

ハウスまわりのスーパーなど、生活にフル活用してます。

 

Kさんの好きな代々木カフェ

 休みの日はどのように過ごしていますか? 

代々木にあるスポーツジムに行ったり、代々木公園に行ったりします。

ダンス関連のイベントはほとんど夜に行われるので、仕事後、イベントへチャリで駆けつけ、夜明けとともにイベントが終わり、そのまま仕事へ…(…わたしには考えられない…) 

共用スペースがあってよかったなと思うことは?

 とにかくいろんな人がいるので、ただリビングに座ってるだけで、教えてもらえることがたくさんあるのが、ほんとにありがたいです。

パソコンを扱うのがそんなに得意じゃないんですが、いろんな人が「あーだ、こーだ」と教えてくれます。

料理も今プロ級の人が住んでらっしゃるので教えてもらってます。ただ味噌汁をお椀によそうだけでもかっこいいんですよ。

プライベート空間が確保されて、なおかつ部屋から出ればにぎわっている、というのがちょうどいいです。

それがやめられない、っていう人が多いですよ。

このエリアのガイドならおまかせ

 

 

シェアハウスに住んでから、自分の中で変わったなと思うことはありますか? 

価値観が変わったのかな…。今から思えば「常識」=「価値観」くらいに思ってたかもしれないです。

これまでダンスをいろんな子どもに教えてきて、教えるのにはいろんな角度から見るから、自分としてもいろんな見方ができてると思ってたんだけど、さらにいろんな見方があるんだな、っていうのがよく分かったように思います。

  シェアハウスで生活するのに大変なことは? 

特にないですよ。

生活する上でのハウス内の「ルール」があって、それを煩わしいと思う人もいるかもしれないけど、みんながスムーズに生活するための無理のないルールとなっています。ルールを守ることで、無駄な時間が少なくなりますし、他の方に気遣いもできて、自由な時間をつくりだすものだと思ってます。

代々木公園はKさんの好きなダンススポット

今後の予定や計画はありますか?

 ダンス関連の仕事に向かって、2001年に東京に来てからイベントに出かけたり、いろんな人に会って教えてもらったり…としてきました。

2018年にはなんらか形にしたいとリミットを決めてます。

 この記事を読んでシェアハウスにしようかどうか迷っている方に伝えたいことはありますか? 

とにかくいろんな人がいて、いろんなことを知ることもできるし、いろんなきっかけが得られます!