入居者インタビュー8(ハッピーハウス上北沢)

image-27

ハッピーハウス上北沢の入居者のエディスさんと近くの公園で、彼女のシェアハウスライフについてお話しを伺いました。

image-15

エディスさん、シェアハウスに住んでいて面白いとおもうことは何ですか?

最初は東京でアパートを探していたのですが、もう大変でした。礼金、保証人、ガスや電気の契約などで、もう大変過ぎるのでシェアハウスを探すことにしました。調べたらスタッフがそれらのことは全部やってくれているし、家賃を払うだけでインターネットも面倒をみてくれそうだったので、それはありがたいと。

ハッピーハウス上北沢で、一番好きな部分は何ですか?

とても静かなところが気に入っています。仕事から帰ってきて、いい感じに静かなんです。誰もが静かに暮らしていて、近隣もハウス内も穏やかなので、仕事から帰ったあとも心穏やかに過ごせます。またシェアメイト達は非常に誠実で周りに気を遣う人達で、シェアをして生活するのが上手な人達です。お風呂やトイレもお互いにライフスタイルが違うので、かぶることがありません。

周囲の環境はどうですか?お気に入りのスポットはありますか?

駅の近くのベーグルショップは絶対行く場所です。このエリアは信じられないくらい美しいエリアです。裏には公園があるので、すぐ公園に行けますし、近くを流れる川べりは、体を動かすにはちょうど良い場所です。私は夜に川べりをジョギングしますが、危険を感じたことは一度もありません。桜の季節はもうゴージャスとしか言えませんが、実際どの季節も年間を通して美しいのです。たとえ冬でも。近隣の人達もとても良い人達ばかりで、私が歩いていたりすると挨拶をしてくれます。ここでは本物のコミュニティーの存在を感じることができます。


東京でお気に入りのコトは何ですか?

私は買い物依存症っぽいくらい買い物が好きなのでしょっちゅう渋谷に出かけています。自分が日本人サイズの体形ではない場合でもH&MやForever 21, and Zaraなどおなじみのチェーンがあるので大丈夫です。また最近はピクニックにはまっていて、天気の良い日は大勢の友人たちと代々木公園でピクニックをしています。

共有スペースのある生活によって、なにか影響を受けましたか?

大学で寮生活等経験してきましたが、断然こっちのほうが良いです。シェアハウスは日々のストレスが無いのです。こまごまとした支払いもしなくても良いし、全部家に関することはやってもらえるので。ハウス内や近隣に他の誰かがいるのは安心感があります。

なにかハウスで大変なことはありませんでしたか?

全然。最初から現在に至るまでなんの問題もありません。誰かが乾燥機に衣服を入れたままにして置いたりされたりしたら少しイラッとすると思いますが、大抵の場合すぐに誰かがきて中のモノを持ってゆくので問題ありません。

東京で今後なにかやろうとしていること等、計画はありますか?

実は、オリンピックが楽しみで、またその頃に英語を話す者がオリンピックに携われる素敵な機会が無いかと思っています。オリンピック時にそなえてオリンピックの組織はもっとボランティアは必要でしょうし、外国人の膨大な到来に備えて英語を教えるなどの準備のお手伝いできないかと思っています。またそれ以外の形でもよいのでオリンピックに関わることができれば最高にうれしいです。

image-26

この記事を読んでいる読者になにか伝えたいことはありますか

友人が「シェアって不便じゃないの?」と尋ねるのですが、それは違うといっています。シェアはプライバシーも保ちつつ、コミュニティーがあるという点で非常に良い経験なのです。また、大きなキッチンがあって、小さな箱の中に住んでる感じもしません。もし周りにシェアに関心のある人がいれば検討してみるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です