入居者インタビュー13(Cozy village Jasmine)

入居者インタビュー:Kさん

Kさんは原宿がとても好きで、このシェアハウスを長く利用してくださっています。 

Cozy village Jasmine

シェアハウスに住もうと思った理由は何ですか?

このシェアハウスに住む前に、友達と3人でシェアをしていました。そのうちの一人が退去することになって、残った私と友達とで新しい人を探すのは大変だね、となってお互いに違うシェアハウスへ移りました。

3人で始めたとき、最初のうちはゴミ出しとか窓はどのタイミングで閉める、とか細かいけどルール決めをしていなくてミーティングとかしてました。

ここのみんなは、それぞれ仕事で忙しいんだけど、帰ってきて「ただいま」と言えるのはやっぱり安心だな、と思います。

お住まいのシェアハウスのまわりはどんな雰囲気?

住宅街で近くに大きな公園があって…と静かな場所です。住所は「新宿区」なんですが、ほぼ中野に近いこともあって落ち着きます。

このハウスに住み始めたときは、最寄駅近くに小さな生協があったくらいなんですが、大きなスーパーなどが入ったショッピングセンターやプールなどがある体育館ができました。なので、今は買い物もスポーツも楽しんでいます。

この近くに整骨院があって、たまたま仕事で一緒だった方に教えてもらったんですが、すごく助かりました。

(かつて、フットサルではなく、他スポーツをしていて足の指の付け根あたりを疲労骨折したという話から。意外にアクティブな方なのね…)

東京に来て面白いなと思うことはありますか?

これまでけっこう転々としていて(小学校はアメリカだったそうです)、どこが地元かといわれると宇都宮だと思ってます。

宇都宮だと基本的に移動が車で、ショッピングセンターがあればそこで落ち着く感じです。

東京だとどんなことにも選択肢が多くあるのがいいと思います。分かりやすくミーハーですけど、話題の店に行けるとか。

宇都宮だとだいたいが地元の人ですけど、東京だといろんな地方だったり海外の人だったりいろんな人に会えるのもすごい魅力です。


休みの日はどのように過ごしていますか?

フットサルをしたりジョギングしてます。公園まわりを散歩している人やジョギングしている人がけっこういるので、安心してできます。

ヨガもやってみたけど、動かないのでものたりないなぁ…と思って… (先ほどのお話から、ヨガじゃぁものたりないと思うのもムリはないですな…。)

共用スペースがあってよかったなと思うことは?

さっきも言いましたけど、「ただいま」と言えるのはいいですね。家の中で他の人の気配がすることで安心できます。

仕事で会う人と話すことももちろん楽しいんですが、家で気を使わず業種の違う人と今話題のこととかを話せるのはいいですね。

一人暮らしだと家に戻れば孤独を感じることが多いと思うんですが、家に帰っても孤独じゃないのは心強いです。このシェアハウスに住み始めてから、地震・停電・大雨…いろいろありましたけど、その不安を他のみんなと話せるだけでもだいぶ違います。

一人暮らしでも何かとトラブルは起きますしね。

このハウスは、天井から水漏れしたり、給湯器が壊れたり…。おかげで銭湯のおばちゃんと仲良くなりました。

(そうやって笑い話にしていただけますと、助かります…!ほんとにいろいろイベントの絶えないハウスです…)

シェアハウスで暮らして一人暮らしとなにが違いますか?

みんな「お互い様」ってことですかね。今住んでる人は、みんな帰ってくる時間がバラバラで、疲れて帰ってきたときにはとりあえずリビングで一人ゆったりしたい、だろうと思って、リビングを譲り合ってます。「お疲れー。どうぞどうぞー。」

でも同じドラマ見てることがあれば一緒に見たり…。ゆるい感じですね。

こんな住宅街にある一軒家に一人で住むのはもったいないし、シェアしているのは理にかなってると思います。

それにずっとシェアハウスに住むわけではないし、シェアできるのは今だけだと思います。

この記事を読んでいる人に伝えたいことは?

一人暮らしをしているとムダが多くなると思います。ここでは光熱共益費を一定額支払っていますが、おそらく一人暮らしだとそれでは収められないと思います。

いろんな人と住んで、安心感が得られて、いろいろとメリットが多いと思います。

「他人と住むなんて絶対ムリ」と思う人には強くは勧められないけど、やっぱりいいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です