入居者インタビュー14(ウィットスタイル代々木)

入居者インタビュー:Nさん

ウィットスタイル代々木にお住まいのNさんにお話しを伺いました。

ウィットスタイル代々木

東京で生活していてよかった、と思うことは?

なんでもあり、というところですね。
地方で浮いてるなという人でも、東京に来るととにかく人が多いので、似たような人に会えるかもしれないし、「いいんじゃない」と認めてくれる人がいます。

実家にいたとき、あんまり「心からの友達」と呼べる友達がいなかったんですが、大学で自分と感覚の合う友達と会えて、すごく良かったんです。
共用スペースがあってよかったことはありますか?

それぞれの家で過ごしてきて、料理の仕方、洗濯などそれぞれやり方というか習慣が違うんだな、と思うことが多くて、「なるほどなぁ」というところは取り入れるようにしてみたり、とか…。

(料理を教えてもらうとかはしないんですか?バーベキューごはん以外のレパートリーを増やすということで)…いやー、ないですね。(…もったいない)

近くのcafe

シェアハウスに住み始めて変化したことはありますか?

以前は「冷たい人」と思われることが多かったです。やさしいトーンではなく、わりとハキハキと話すほうだし。それにいろんな人を「見た目」だけで判断することがほとんどでした。・・・サイテーでしたね。
見た目と実際話したら印象がかなり違う人が多いな、と改めて気付いたというか…。「雰囲気がやさしくなった」といわれることが多くなりました。

シェアハウスに住んで大変だな、と思うことはありますか?

…ないですね。
ここでは、疲れてるからって八つ当たりする人がいるわけでもないし…。ただ、いつも元気な人がほとんどしゃべらず部屋に引き上げていくのを見ると、「疲れてるんだなぁ」というのはあります。

このハウスは、このメンバーだから、というのがあるかもしれませんが、お互いに程よい距離で、それぞれの生活が確立されていて、気持ちよく過ごせるのはとてもありがたいです。

この記事を読んでいる人とシェアしたいことは?

シェアハウスに住まない理由がない、と思います。いろんな人がいて、いろんな話が聞けて、いろんなものが見られます。
今、シェアハウスに住まないと、これから先住む機会は少ないです。住むのをお勧めします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です