夜のお散歩@中野

こんにちは。スタッフのIです。
前回に引き続いて、中野について書いてまいります。

中野近辺おもに中央線沿線(荻窪~阿佐ヶ谷~中野~高円寺)あたりが
大好きで、お休みの日に用もなくぶらぶら散歩したりします。

今日は、中野駅周辺をお散歩してきました。

中野駅北口をでて商店街をまっすぐ進むと、中野ブロードウェイが見えてまいりますが
少々わき道にそれますと、居酒屋やお好み焼き屋、ラーメン屋、オムライス屋…
本当にたくさんの飲食店があります。
  
↑オムライス屋さんと良い感じの通りの写真

ここまでは有名ですが、南口の方に行きますと
こんなおしゃれな通りがありました!


「レンガ坂」という通りだそうです。
写真を取るのがへたくそすぎますね…
きれいなライトアップが見事にボケてしまいました

こちらは立ち飲み屋や酒バルがありました。

ぜひみなさんも良い中野ライフを!

 

 

化け猫フェスティバル@神楽坂

こんにちは。

スタッフのIです。

先日、台風が去った日曜日(13日)に神楽坂にてこんな催しが行われておりました。

 

みなさん各々化け猫メイクをして参加している方、

または参加料を払うとメイクをしてもらえるブースもあり

気軽にお祭りに参加できるようでした。

 

化け猫フェスティバルの公式ページによりますと、

2010年から行っているそうですね。

TOPページ

 

 

 

 

六本木EXTHEATERにて

こんにちは。

スタッフのIです。

 

早速ですが、舞台観劇はお好きですか?

私は先日、六本木EX TEHRTERにてヘドウィグ・アンド・アングリーインチを観てきました。

アヴちゃん…かっこよかったです…!

六本木での公演は終了しておりますが、大阪、名古屋を経てまた東京に戻ってくるそうです。

 

六本木EX TEHRTERは、

都営大江戸線 六本木駅から歩いて8分ほどの場所にありました。

 

舞台や音楽がお好きな方、六本木に住んでみるという選択はいかがでしょうか?

 

Witt-style六本木はただいま、空室が一つございます。

お問い合わせフォームよりお待ちしております!

 

梅雨の徒然

こんにちは。スタッフのIです。

梅雨入りして毎日雨降りですね。

私は、ハウスのお掃除や見学のご案内などで巡回することが多いのでこのように毎日雨に降られるとなかなか思うように動けず、たいへんです。

ですが、時々ちいさな幸せに遭遇します。

これはハッピーハウスASIANに咲いていたアジサイです。

紫色に近い濃いピンクのアジサイが咲いておりました。

実は、このアジサイは5月頃までずっと枯れていたため、スタッフ間で相談した結果、今年咲かなかったら切ってしまおうかという話も出ておりました。

柵の上からにょきにょきと顔を出しております。

そのためかなり背の高いアジサイたちです。私も背伸びをして写真を撮りました。

アジサイは大きく分けて二つの種類があるそうですが、この写真のアジサイのような形は(よく見かけますよね)、もともと日本に合った品種をヨーロッパで品種改良したのちに逆輸入したものだそうです。

情報番組の受け売りです。

おまけ

事務所には白いアジサイが咲いていました。

 

三宿通り

こんにちは。前回に引き続きスタッフのIです。

今回は中目黒と三宿のシェアハウスへ行ってきました。Witt-style中目黒からWitt-style三宿までは、大きな通り沿いに歩いて20分ほどで行くことが出来ます。その大通り(通称三宿通りというそうです)には、いろんなところがあるのですが、今日訪れたところをご紹介したいと思います。

1月も残り2日となりましたが(早いですね…)、冬も本気を出してきてどんどん寒くなりますね。そう思っていたところに、こんな看板を見かけました。

おもわず道を曲がって一つ買って食べましたが、うん、普通においしい。   気さくなおじいさんが店番されていました。

さらにまーっすぐ歩いていくと、世田谷公園という大きな公園があります。一本通りを出ると首都高があるこんな都会に、自然がたくさんの公園があるんですね。

移動販売のカレー屋さん。よく見ると、さっきまで歩いてきた道の途中にあるお店と同じ名前だったので、なるほどこちらでも移動してカレーをだしているんだなと気付きました。前から気になっていたので、今回はホットチャイをいただいて、公園を散歩しました。

(容器はコーヒーですけど中身はチャイです)

平日の日中ですが、ウォーキングを楽しむ方、お子さん連れやわんちゃんのお散歩、囲碁打ちを楽しむおじいさんなどなどでにぎわっていました。

散歩中は全く気付かなかったのですが、この立派な噴水が見える位置はドラマの撮影なんかでも使用されるスポットだそうで(ごくせんとか…)、もしかしたらこの風景を見たら、「あ、ここか!」となるかもしれませんね。

そんな感じで今回は、世田谷公園を楽しみました。

 

 

新年のご挨拶+@

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

遅ればせながら、新年のご挨拶をさせていただきました。入って半年ほどになるスタッフのIです。

 

本日は雑司が谷にあるハウス、stellaへ行ってきました。

お掃除と備品のチェックを終えて、次のハウスへ向かうのですが、ちょうどお昼の時間だったのでパン屋さんに入りました。

ハウスを出てすぐのところにある赤丸ベーカリーさんの揚げパンとロースかつサンド。どちらもおいしかったのですが、甘めなマスタードたっぷりのかつサンド、おすすめです!

食べる前に写真を撮ったのですが、美味しそうに撮れず失敗…精進します。

マルタ共和国の歩き方 vol.1~空港に降りたら走れ編

シェアハウス運営会社チューリップ不動産のスタッフのMです。Mはこの夏マルタ島に行きました。マルタ島は地中海に浮かぶイタリアの近くの島国【マルタ共和国】です。

ちなみにMは上の首都Vallettaの写真の真ん中より少し右のほうに滞在しました。

シェアハウス運営会社スタッフのMはですね、今回ダイヤモンド社の地球の歩き方に対して大いなる不満を抱きました。情報が不確かすぎるし、足りていない!と。

2017年に初版が出版され2018年の4月に2版の「地球の歩き方」抱えて旅立ったのですが、その中の情報が非常に不確実で困りました。限られた時間しかない旅行者にとって、正確な情報は時間の有効活用にはなくてはならないものなのです。貴重な22年ぶりの海外旅行の1秒たりとも無駄にはしたくないと思っていたMなのに、この本の不確かな情報のせいでちょっとだけ時間を無駄にしてしまったと悔やんでいます。ということで2018年8月時点でのマルタ情報をこれからマルタに行くかもしれない皆さんが時間を無駄にしないようにシェアしてゆこう思います。

マルタの国際空港ルカ空港に到着したら、まずしたことはマルタで使えるSIMカードの調達です。手持ちのスマホをそのまま使用します。(SIMロックがかかっているばあいはあらかじめ日本で契約している携帯電話会社にお願いしてシムロック解除をしてもらいましょう。2015年以降の比較的新しいモデルでないとシムロックができないかもです。)ちなみにシェアハウススタッフMの携帯HUAWEIはそもそもシムロックはされていませんでした。

マルタ観光ではgoogle Mapがあると非常に便利です。というのもバス路線が発達して,どこにでも行きやすいのですが、バス停の名前って日本でも結構分かりにくいですよね。外国ならなおさら。目的地で降りる際、グーグルマップのGPS機能をオンにして自分がそのあたりにいるのか確認しながら降車ボタンを押すとバス停の名前を知らなくても安心して正しいバス停で降車できます。またピークの季節は良いレストランは予約をしないとなかなか入れません。

マルタ空港内のvodafone店舗。携帯電話店は時間がかかるのは日本もマルタも同じ。急がないと先にSIM目当ての他の観光客に並ばれると時間を無駄にするので、仲間がいる場合は荷物受け取り係とSIM担当と手分けしてSIM担は走ってvodafoneの店内のカウンターを目指そう!

おいしい食事にありつくには予約電話は必須です。現地でネットと電話があると無いとでは大違い。またマルタのタクシーは配車が基本です。その際にも電話かネットが必要です。(タクシーもいろいろですね、お伝えせねばならない情報があるのでまた後ほど。)

到着出口を出るとすぐにvodafoneの赤いお店が目に入ります。そこで自分の滞在期間に合わせた通信データ容量のSIMカードを購入します。

私の購入したシムカードでは通話は国内は1分以内なら何度でも無料、データは1ギガ付いて20ユーロくらいでした。設定はお店がやってくれます。店員さんが設定できるように飛行機の中で事前に日本語から英語にスマホの言語設定を変えておきました。

現地の人の話では購入したシムカードに都度データをチャージすることも可能だと聞きましたが、このMが購入した最初からデータが付属しているSIMでもそれができるのかどうかは謎です。確かに現地の雑貨屋にそれらしきモノがレジ脇に置いてあるのを見ましたから気軽にチャージができるのかもしれません。