速報!2025年に、初の本格的認知症薬誕生するそうです。

チューリップ不動産最年長のMです。昔はビジネス書ばかり読んでいたのですが、最近は年齢のせいか認知症とか地域医療に関係する本も読むことも多くなりました。親の老いに日々向かい合わざる得ない8050世代でございますから、ええ。今読んでいるのは「未来の医療年表」という本で、面白いんです。

以下目次

2025年 初の本格的認知症薬誕生
2025年 病院へのフリーアクセス廃止
2030年 AIドクターが主流に
2030年 感染症の脅威から解放
2032年 安楽死法制定
2035年 がんの大半が治癒可能に
2040年 神経難病克服
2040年 糖尿病解決

まず認知症は2025には、本格的な薬が出来るそうです!自分の親に間に合うわ!

それ以外でも2035年には癌の大半が治癒可能になるそうです。酒を飲むのですい臓癌が心配だったんですが、これで安心して酒が飲めます。あと15年ならこれも間に合う。5年後には糖尿病も解決するらしいので、糖質ゼロビール問題も解決!今夜からラガーにシフトするわよ!

内容がいかにも新聞の下段の広告欄にありそうな感じで眉唾のようですが、非常に真面目な本です。男子校の(旧)御三家の武蔵高校でも副教材として使っているのでまあ、大丈夫っぽいと思います。興味のある方は一読してみてはいかがでしょうか?

↓(ポチるとアマゾンなんですけどね。。。)

未来の医療年表 10年後の病気と健康のこと (講談社現代新書)

 

0